たまにはボードゲームを!久々にヤフーゲームをしてみました

十数年前に遊んだことがあるヤフーゲームの囲碁やオセロですが、久しぶりにアクセスしてみました。今ではヤフーモバゲーという名前になっており、色々なゲームが提供されていて時代の変化に驚きました。それも無数に数え切れないほどのゲームが提供されております。当時、ヤフーにはボードゲームしか無かった時代を知っているものとしてはただただ時代の進化に驚嘆するばかりです。

たまには、ということで何年かぶりに囲碁をワンプレイしてみることにしました。ジャンプ漫画で「ヒカルの碁」にハマっていた影響でヤフー囲碁に入り浸っていたことがありますが、現在の腕はどうなっているのでしょうか。試しに一局打ってみたところ、さっぱりダメでした。途中で投了に至るほど、接近戦が全然ダメです。昔は得意分野だったのですが、今ではさっぱりです。

意外と強い人がヤフー囲碁に潜んでおりまして、私がハマっていた時代でもアマの有段者クラスの人が多かったので、現在だと尚更ユーザーの腕もレベルアップしてるのかもしれません。その正体は恐らく高齢者の方々じゃないかと思っています。囲碁のプレイヤー層は高齢者が多いので、当然のことといえばそうなのですが。

昔、囲碁の集会所に行ったことがあるのですが、話しを聞いてみると、意外と高齢者の方々もヤフー囲碁をしております。おじいちゃんがパソコンで囲碁をやっているというギャップに当時は驚きましたが、今では何も珍しいことではないのかもしれません。余談ですが、禁煙でない碁会所はあまりのタバコ臭さで頭痛がしてくる思い出が蘇ります。

当時、自分のリアル周りで囲碁にハマっていた人は少なく、あともう一人いるかいないかくらいでした。しかし、ヤフー囲碁内で馴染みの同世代の友達が出来たという思い出があります。今では彼らは一体どうしているのでしょうか。恐らく今ではもう囲碁をやっていない人が大半なのでしょう。切磋琢磨して力を伸ばし、互いを競い合ったこともありました。そのために図書室で囲碁の本を読んで問題を解いていたこともありました。懐かしい思い出です。

あれから囲碁が流行になるかと思いきや、「ヒカルの碁」以来、囲碁漫画すら出てきておりません。なんとも寂しいものです。またそういう作品が出てきたら若者の間でも盛り上がるきっかけになるかもしれません。一方、将棋漫画は数多く出ているような印象です。ブームというか元々人気のあるボードゲームの一種ということもあって、
こちらは若者の間でもそこそこ人気があるイメージですね。囲碁も将棋と同じくらい流行ることを祈るばかりです。