外見を鍛えるより中身を極めることによりアイデンティティが保たれ心の乱れを救う

年を取ると胃もたれをするといいますが、そのような症状が出ている人も多いのではないでしょうか。脂っこいものを食べると胃が痛くなり、なぜか食べれなくなったりします。これが胃もたれというのですが、こういった症状は30代半ばから徐々に見られる老化現象です。

若い時にはどういった状況にはなりにくく胃もたれ起こすこともなく食べられたもので、脂っこいものや胃に負担があるようなものを食べても問題なかったですし、そもそも胃もたれを知らなかったのです。

でもこういった胃もたれは、どういったことにより起こるのでしょうか。原因は私はよく分かりませんがどういったことが原因で起こるのでしょう。胃液の分泌量が減るから、胃液を分泌して体の胃もたれができるのでしょうか。

もしくは胃の蠕動運動が原因なのかもしれません。胃は筋肉を使って蠕動運動しますが、そう言った筋量の衰えがあるのかもしれません。いずれにしろ老化現象ですが、こういった老化現象は他にも現れます。

男性も女性も老化現象でよく見られるのが髪の毛であったりします。若い人の髪の毛はコシもあり太さもあります。ですので頭皮が見えることもないのですが、やはり老化することにより、髪の毛の細さが細くなり頭皮が見えてくることで、少し老けて見られることになります。

ある日突然顔を洗った時に髪の毛が前頭部から細くなっていて地肌が地肌頭皮が見やすくなってしまってしまいショックを受ける時があるのです。その時に老化を感じ自分の老いを確認できます。女性の方もそうです。女の人もコシがなくなり髪のボリュームがなくなると髪の毛の多さは減ったように感じがして、昔できていたヘアスタイルが出来なくなったりもします。

人間老いは来るもので、それはいつか必ず来ます。どうしてもその老いを感じる時が、どんな人でも来るのですが、それでも変わった自分を受け入れなければいけません。老いを遅らせることはできますが、不老不死などは叶わないのです。年相応の容姿になるために自分を受け入れ、それにより心へのショックを少なくすることを、人生への生きるべき教訓として捉えるべきであります。

自分の外見ばかりを気にし、人の全ては外見だと捉えているような生き方をしていた人は、自分が老いにより外見が崩れることによってショックを受けるのです。しかしながら中身を磨いていた人は自分の外見だけではなく中身を見るように努め、自分の中身に自信があるため外見が老いたとしてもその中身によって自分のアイデンティティが保たれるのです。